English Trainer体験談

朝時間を上手に活用 TOEIC 400点⇒525点

中山 大輔さん(ET受講歴 1年3ヶ月)

■ETを始めたきっかけ

現在、スポーツ用品メーカーに勤務しており、
海外(子会社や取引先)と有意義なコミュニケーションを取ろうと思うと、
会話(メールも)は必然的に「英語」になってきます。

また、2020年には東京でオリンピックが開催されることもあり
「東京オリンピックごろまでには、何とか英語力を身につけなければ!」
思ったことがETを始めたきっかけでした。

■朝時間を活用してトレーニングを継続

鹿野先生の著書にも「明確な目標」というキーワードがあったかと思いますが、
私の場合は「東京オリンピックまでに海外の同僚や取引先と
英語で有意義なコミュニケーションが取りたい!」
というのが「明確な目標」となりました。

その目標に向けて活用したのが「朝時間」でした。
具体的には「朝、1時間早めに出勤し、トレーニングを行う」ことです。
早めの出勤は朝の通勤地獄からも解放されますし、
誰もいないオフィス(実際のトレーニング場所は会社の会議室)で トレーニングすれば集中もできます。
夜は残業等もあり、脳も疲労困憊しているので、
トレーニングを継続するには、脳が新鮮な朝時間が最適です。

また、英語学習に興味のある後輩を誘い、毎朝一緒に学習したことも
大変効果的だったと思います。
結果的に、朝時間をうまく使い、かつ、後輩と励ましあいながら
トレーニングを1年ほど継続した結果、
2015年1月に受験したTOEICでのスコアが525点となり、
前回(2014年6月)に受験したスコア(400点)と比べて
大きくジャンプアップすることができました。

■私のトレーニングメニュー

普段のトレーニングにはET(毎朝30分)の他に
高校生用の英文法テキストの音読筆写(毎朝30分)、
NHK World Newsのスマホ視聴(通勤時)、
ゲーム感覚でできるスマホの英単語学習(通勤時)を活用しています。
また週1回、英会話のレッスンに通い「話す」トレーニングも実施しています。

■今後の目標

社内には英語が話せる人も多数いますが、そういう人に英語上達のノウハウを聞くと
「毎日触れること」と皆、口をそろえてアドバイスしてくれます。
毎日コツコツ、トレーニングし、実際にスコアがアップすると、
モチベーションも上がり、トレーニング継続にも効果を発揮します。

最終的には『2020年までに、TOEIC800点越えを達成し、
東京オリンピックで海外の取引先を接待する』こと
を目指し、
この調子で、トレーニングを継続していきたいと思います。

ショップ情報

English Trainerは、アプリ対応通信講座にリニューアルしました。

商品カテゴリ

無料メールマガジン



鹿野晴夫先生(BizCom代表)による連載、英語トレーニングに励む学習者の方へのインタビューなど、英語トレーニングを始める・続けるためのヒントが満載。読者数3万名を超える人気メルマガです。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

※日曜・月曜定休

ページトップへ