English Trainer体験談

習慣化で実力アップ TOEIC 640点⇒815点

丸尾 秀史さん(ET受講歴 2年3ヶ月)

■最初は半信半疑

大学時代からなんとなく苦手意識のあった英語でしたが、卒業後25年近く経って、
海外の子会社との英語でのメール、資料の作成、TV会議などの機会が増えて来ました。
そんな時に、会社からBizComのトレーニングコースの案内があり、English Trainerを始めることとなりました。

オリエンテーションにて、鹿野先生から実力にあったトレーニングと継続が重要だとの
説明を受けましたが、本当にこのやり方で実力が上がるのか、実は半信半疑でした。

■ETで実力アップできると確信

受講前のTOEICでは、リスニングもリーディングもどちらもスピードについていけない状態でしたので、
まずはとにかく発音は気にせず、スピードを上げた音読と、音読筆写で使える英語のストックを増やす
ことを心がけました。

トレーニング開始後約100時間の時点でのTOEICでは、リスニングはスピードについていけるように
なったと感じました。このとき、English Trainerとワークブックを信じてやれば、実力もあがると確信できた
と思います。

■トレーニング習慣化のコツ

企業研修後は、個人でETを活用したトレーニングを継続しています。
ワークブックを860点目標に切り替えて、スピードを上げた音読、音読筆写に加えて、
スラッシュリーディング、アイシャドーイングのトレーニングを続けています。

同僚からもなぜそんなに続くのと聞かれますが、知らないうちに習慣化していて、やらないと落ち着かない
ようになってしまっているとしか言いようがありません。

仕事が多忙なときも、最低30分はやろうと決めたこと、また、机に向かえなくとも、往復の通勤時間に
ETを聞いて、頭の中でシャドーイングだけでも良いとハードルを下げたことも良かったのかも知れません。
(電車の中なので声は出していませんが)

■楽しみながらトレーニングを継続

また、休みの日は海外ドラマを日本語字幕なしで見ることも始めました。
なかなかストリーについていけず、苦痛な日々もありましたが、次第にETでストックした表現が
多数聞き取れるようになり、内容が英語のまま理解できるように
なってきました。
そうなると益々楽しくなります。

まずは今年中の860点突破と、長期的にはオリンピックまでには940点が取れるよう、
トレーニングを続けたいと思います。 

ショップ情報

English Trainerは、2019年3月に教材内容をリニューアルします!教材にアプリが追加され、より便利・快適に英語トレーニングできるようになります。
詳細はコチラ

無料メールマガジン



鹿野晴夫先生(BizCom代表)による連載、英語トレーニングに励む学習者の方へのインタビューなど、英語トレーニングを始める・続けるためのヒントが満載。読者数3万名を超える人気メルマガです。

BizComからのお知らせ


社名変更とURL変更のお知らせ
2016年1月より、「ICCオンラインショップ」は「BizComオンラインショップ」に変更となりました。詳細は、こちらからご確認ください。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

※日曜・月曜定休

ページトップへ